■ 大気汚染測定運動測定運動の目標

大気汚染測定運動東京連絡会
           2008.5月改定

             測定運動の目標

 1.きれいな空気を取り戻し、住みよい生活環境を次世代に引き継ぐ。
 2.誰にでもできるカプセル測定を多くの人に広めることにより、大気
   汚染公害をなくし、まちづくりや地球温暖化防止に関心を持つ市民を
   増やす。

 3.各地で取り組んでいるさまざまな環境を守る運動と連携する。
 4.PM2.5(微小粒子状物質)を大気汚染物質の規制対象に追加し
   NO
?、SPM、PM2.5などの環境基準を科学的・疫学的調査に
いて設定・改正する。
 5.東京大気汚染公害裁判の和解で実現した、ぜん息患者の医療費助成制度
   を拡充・継続させるとともに新規救済制度を全国に広める。
 6.自動車中心の交通体系を改め、有害物質を排出しない交通手段と技術
   開発を推進し、当面は自動車交通量を削減する。
 7. 住民の健康を守るため、住民参加による環境影響評価条例に改正する。

■大気汚染測定運動測定運動とは

  大気汚染測定運動測定運動のあゆみ  2014年改ここをクリック